2018年6月 7日 (木)

花便り サツキやツツジが見頃

あかつき屋のお庭では今、濃い緑の中、サツキやツツジが見頃になっています。お庭には、これらの低木が幾株もあり、春先から順に花を咲かせています。5月後半からはサツキが一斉に紅色の花を咲かせ、庭園は一段と彩り豊かになりました。

 

0607satsukimain01

  

0607hana1

0607hana2

花は、雨上がりに一層色鮮やかになり、見る人の目を楽しませてくれます。また夜、天候が良ければお庭はライトアップされ、お客様は縁側でファンタスティックな庭園美に浸っておられます。

0607zashikikara

さらに、お座敷から望むお庭は、また格別で、障子戸の格子が、何とも言えない和の景観を表します。とっておきのビューポイントです。

2018年4月10日 (火)

花便り 兼六園、金沢城 満開の桜花の回廊

桜前線が全国的に例年より早く北上した今春。金沢でも桜の開花が早まり、昨年より5日早く4月3日に金沢地方気象台から満開が発表されました。

兼六園、金沢城一帯では4日、桜は満開となり、大勢の花見客が繰り出しました。地元の金沢市民にとっては、記録的な豪雪の後だけに、咲き誇る桜の花々は、冬に別れを告げる象徴的な風景となり、ひと際美しく目に映ったようです。

圧巻の桜花の回廊を写真でご紹介します。    取材:あかつき屋

【兼六園】

(花見橋からせせらぎを望む)

0405hanamibashikara

        (花見橋上の桜)

0405abovehanamibashi

(桂坂入口付近)

0405katsuraizakahukin

【金沢城】

       (石川門付近)

0405oshiro

(お堀通りから金沢城を望む)

0405hyakkenbori

2018年4月 4日 (水)

金沢マラソン2018に伴う特別宿泊体制について(10月27、28日)

金沢マラソン2018が10月28日(日)に金沢市内で開催されます。これに伴い、あかつき屋では例年通り、特別の宿泊体制を取らせて頂きます。

大会前日の10月27日(土)と開催日10月28日(日)のご宿泊者は、金沢マラソンに参加される方に限らせて頂き、この両日については、お部屋は男女別の相部屋となります。定員は12人。

宿泊代金は、1人一泊3,200円(税込)ですが、タオル、歯磨き、近所の温泉銭湯入浴割引券等のアメニティは別途料金が必要となります。

なお、今回もお泊まりになる方には、あかつき屋特製の粗品をお贈りします。

ご宿泊希望者は、抽選結果が出次第、あかつき屋ホームページの予約フォームからお申し込み下さい(抽選前のお申込みはご遠慮下さい)。ご宿泊者は先着順とさせて頂きます。

以上、よろしくお願いいたします。

2018年3月27日 (火)

花便り 兼六園の梅林の花が満開

兼六園の梅林の花が満開となりました。敷地には20種、200本あるという梅の木。白梅、紅梅が今が見頃とばかりに、枝いっぱいにかれんな花を咲かせています。

園内には、大勢の観光客が訪れ、花に向けて盛んにカメラのシャッターを切っていました。

梅は、今月末頃まで見頃です。             取材:あかつき屋

0325ume1_2

0325ume2_2

0325ume3_2

0325ume4_2

2018年2月20日 (火)

あかつき屋 北國新聞で紹介(2月12日付)

国登録有形文化財のゲストハウスあかつき屋が、2月12日付北國新聞朝刊の生活・文化面で紹介されました。連載「町家人(まちやびと)」のコーナーで掲載されており、「下町人情、心に『泊める』」と題して、あかつき屋が、日頃お客様に対して、この界隈で今も息づく下町人情や個人商店の営みなどにふれる機会を提供する取り組みなどが、詳しく報じられています。

あかつき屋は、国有形文化財に指定されていることから、建築関係のお客様が多い傾向があり、そんなお客様へは、建物の説明や資料提供などで便宜を図らせて頂いています。

一方で、城下町金沢の下町に位置する地域特性を踏まえ、お客様が歴史的景観や昔からの生業(なりわい)に接する場をもつくらせて頂いています。

そんな活動が、ユニークであるとして、今回の記事になったようです。この報道に恥じないよう、一層良いお宿づくりに努めてまいります。

詳しくは、こちら

2018年1月31日 (水)

城下町金沢 雪の絶景点描

2月が目前。春がすぐそこ(のはず)。例年になく雪が多かった城下町金沢。今冬は、様々な雪の絶景を見ることができました。

写真で振り返ってみました。

(1月13日。あかつき屋の軒下に長いつらら)

0113tsurara

(平成29年12月20日。

金沢の隠れた名所・八坂)

1220hassaka

【絶景浅野川。天神橋たもとから梅の橋を望む】

(1月22日)

0122umenohashi

(1月30日)

0130umenohashi

2017年6月14日 (水)

金沢マラソン2017に伴う宿泊予約 受付完了、感謝

あかつき屋では、今年10月に開催される金沢マラソン2017への宿泊予約を受け付けていましたが、定員に達しましたので、予約受付を終了させて頂きます。多数のお申し込み、ありがとうございました。

6月14日午前にインターネット上で金沢マラソン2017参加者の抽選結果が発表され、それと同時にあかつき屋には、ご宿泊のお申し込みが相次ぎ、早々に満室になりました。感謝申し上げます。

このため、あいにく宿泊予約ができなかった人も出てきました。申し訳ありません。ぜひ、次回にお申し込み下さい。

なお、大会では選手の皆様のご健闘をお祈りいたします。

2017年4月14日 (金)

金沢マラソン2017に伴う特別宿泊体制について(10月28、29日)

金沢マラソン2017が10月29日に金沢市内で開催されます。これに伴い、あかつき屋では例年通り、特別の宿泊体制を取らせて頂きます。

大会前日の10月28日(土)と開催日29日(日)のご宿泊者は、金沢マラソンに参加される方に限らせて頂き、この両日については、お部屋は男女別の相部屋となります。定員は12人。

宿泊代金は、1人一泊3,200円(税込)ですが、タオル、歯磨き、近所の温泉銭湯入浴割引券等のアメニティは別途料金が必要となります。

なお、今回もお泊まりになる方には、あかつき屋特製の粗品をお贈りします。

ご宿泊希望者は、抽選結果が出次第、あかつき屋ホームページの予約フォームからお申し込み下さい(抽選前のお申込みはご遠慮下さい)。ご宿泊者は先着順とさせて頂きます。

以上、よろしくお願いいたします。

2017年1月12日 (木)

あかつき屋 書籍『ゲストハウスに泊まろう♪』で紹介

あかつき屋が、旅の書籍『ゲストハウスに泊まろう♪』(昭文社刊)で紹介されました。本書籍は、全国各地の魅力的なゲストハウスを掲載したもので、あかつき屋は、国登録有形文化財に指定された町家のお宿として、詳しく示されています。

あかつき屋は本書籍の中部地区の章で取り上げられました。全景や、お客様の団らん風景、お部屋兼六の間、お庭の写真とともに、紹介されました。

(旅本『ゲストハウスに泊まろう♪』)

0110book01

「和の風情あふれる町家」との見出しが付けられ、「格子戸や玄関の円窓、座敷の床の間など…(中略)からは日本情緒が感じられる。」と記されています。兼六園までも徒歩10分と至近距離にあることが説明されています。

また、お泊まりになった20代女性の感想も添えられています。

スタッフ一同、この掲載に恥じないよう、魅力あるお宿づくりに一層努めてまいります。

2016年8月15日 (月)

あかつき屋 新潟のタウン誌で紹介

あかつき屋が新潟県のタウン誌「CARREL(キャレル)」8月号で紹介されました。「特集 新しい滞在のスタイル。 大人のためのゲストハウス。」の中で、石川県から唯一取り上げられました。

ゲストハウスは、バックパッカーらの利用が多いことから、ややもすれば若者宿のイメージがありますが、同誌では、「落ち着いた大人のための宿」の一つとして、あかつき屋にスポットを当てました。

(タウン誌「CARREL8月号」の表紙)

Carrel101

(あかつき屋が紹介されたページ)

Carrel2

内容は、全景、お部屋、和風庭園、玄関などの写真5枚を掲載するとともに、建物が国登録有形文化財に指定されており、至るところに建築美が認められると記しています。

また、全室が個室であるため、プライバシーが守られるという、あかつき屋ならではの特長も紹介されました。

加えて、兼六園や金沢21世紀美術館も徒歩圏内にある立地の良さも挙げられています。

「大人のための」という標題に恥じないよう、当館では一層良質なお宿づくりに努めてまいります。